--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.07.09

人魚と金魚鉢 市井豊

人魚と金魚鉢 (ミステリ・フロンティア)
市井 豊
東京創元社
売り上げランキング: 385,352

決して一芸に長けた作風ではないが、市井豊がやっぱり面白い。前作『聴き屋の学園祭』から約3年ぶりの本作を読んで確かに思う。

なにしろ嬉しいことに、あいも変わらず作中人物やお話のさばき方が巧いのだ。焦点の当て方に秘密があるのだろうか。手前にピントを合わせると、背景がちゃんとボケる。かと思えば、その逆もまたしかりで、舞台上の人の動きや状況の説明が冗長になることがない。説明臭くなりそうなところが、ストーリーのなかで自然に流れていく。

好例は、桜舞う公園で繰り広げられる鬼ごっこをミステリーに仕立てた「愚者は春に隠れる」だろうか。文芸サークル<ザ・フール>の面々が集合し立ち回るのだが、この数の人数を動かしてなお、誰も邪魔になることなく、個性も失わず。「でしゃばらない」感じが上手く出ている。

ようするに市井豊の小説は、非常に「読みやすい」のだ。これは得難いセンスであろう。

「愚者は春に隠れる」は、単純な誤認を謎解きの肝にしており、ミステリーとしての出来も良い。ただ、本短篇集随一を選ぶとすれば、今回は「恋いの仮病」の瑞々しさに軍配を上げたい。


コメント

非公開コメント

はじめまして

はじめまして。
素敵なブログですね。
見ていて、読んでみたいなと思う本がたくさん溢れてきました。
この「人魚と金魚鉢」もその一冊です。
近々読んでみたいと思います。

あと報告なのですが、リンクをはらせていただきました。
これからちょくちょくと遊びにこさせていただきたいと思います。
よろしくお願いします。

Re: はじめまして

はじめまして、管理人の「とらー」と申します。
このたびは、ご丁寧にありがとうございます。
小さなブログですので、コメントをいただけるなど、嬉しい限りです。

大葉さまのブログも拝読いたしました。
居心地の良いブログですね。
加納朋子さんの本をいくつか読んでみたくなりました。

リンクの件につきましても、ありがとうございます。
現在当ブログに、リンクコーナー設置の予定がなく、
相互リンクにならず、心苦しいのですが、
定期的に「もみじの本屋」を、読ませていただきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

とらー


> はじめまして。
> 素敵なブログですね。
> 見ていて、読んでみたいなと思う本がたくさん溢れてきました。
> この「人魚と金魚鉢」もその一冊です。
> 近々読んでみたいと思います。
>
> あと報告なのですが、リンクをはらせていただきました。
> これからちょくちょくと遊びにこさせていただきたいと思います。
> よろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。