2016.04.14

インターネット的 糸井重里

インターネット的 (PHP文庫)
糸井 重里
PHP研究所 (2014-11-06)
売り上げランキング: 20,942

この本を読んだ人は誰だって驚くと思う。どうしてかって言うと、この本の中に「シェア」とか「にぎわい」なんていう言葉が出てくるからだ。

いまどき珍しくもない、って思うかもしれない。でも、この本が新書の形で初めて出版されたのは2001年。15年も昔の話だ。インターネットが僕たちの生活の一部になるずっと前。その存在さえ知らない人だってきっといた。そんな時代にあって、糸井重里はインターネットの醍醐味を教えてくれていた。

15年先の未来を想像するのって意外と難しい。15年後に言葉を残すなんて言わずもがな。彼にはそれができた。これはすごい。

でも、ちょっと立ち止まって考えてみる。本当にこの本はインターネットの本質を見抜いた「予言の書」だったんだろうか、と。実は反対に、いま言われている「インターネット的」なものは、糸井重里がつくったんじゃないのだろうか。そっちの方が自然な気もするし、なんだか面白い。僕たちはまだ糸井重里の手のひらの上で遊んでいるだけなのかもしれないのだ。

いずれにせよ、糸井重里は新しい技術の登場を、心から楽しんだ。だから彼の言葉は今も残る。

インターネットにワクワクしたくなったら、ときおりこの本を読み返してみよう。

コメント

非公開コメント