--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.06.30

カンナ 戸隠の殺皆 高田崇史/講談社文庫

カンナ 戸隠の殺皆 (講談社文庫)
講談社 (2013-06-14)
売り上げランキング: 92,997

高田崇史による歴史アドヴェンチャー「カンナシリーズ」も、五作目になった。物語の構造はいつもどおりで、お馴染みのパターンが繰り返される。ただ、ぼくも慣れてきたのか、パターン化がむしろ心地いい。

今回はとにかく、岩戸の開閉にかんするロジックが冴えている。<天岩戸隠れ>は古事記のなかでも屈指の名場面だけれど、ミステリー的な視点での読み解きに、目から鱗が落ちる。これはもう、歴史ファンならずとも一見の価値ありだと思う。

謎の半分は次回以降に持ち越しとなる。シリーズを通した謎へと発展するのだろうか。楽しみだ。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。