2016.08.29

さとり世代探偵のゆるやかな日常 九頭竜正志/新潮文庫nex

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)
九頭竜 正志
新潮社 (2015-04-30)
売り上げランキング: 677,579

全六話からなる連作短編ミステリー。僕こと綾高(あやたか)と、幼なじみの灯影院(ほかげいん)は、とある田舎の大学一年生。二人ともいわゆる「さとり世代」である。ある日灯影院は、サークル選びに悩む綾高に、探偵同好会を始めようともちかける。探偵同好会は、探偵を目指すための同好会だ。顔見知りの坂本先輩も誘って、活動を開始する。

灯影院と綾高(探偵と助手)の倒錯的な関係が、本作の肝。こういう優しさからくる歪みみたいなものが「さとり世代」の特徴なのかしら。この「さとり世代」っていう設定が、物語だけじゃなく動機だとかロジックだとかにも活かされていれば、もっと良かった。

自動車教習所での事故を扱った「車は急に」が、日常の盲点もので、ヒット。

コメント

非公開コメント