--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.11.08

ヴァインランド トマス・ピンチョン/河出書房新社

ヴァインランド (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 第2集)
トマス・ピンチョン
河出書房新社
売り上げランキング: 148,102

大作である。この大作を語る術をぼくは持たないから、この小説で一番好きな箇所を引用して、お茶を濁す。

もっと大人になれっていうつもりはねえが、時には、静かに自分に聞いてみろ。『それでだれが救われた』って。単純な質問だ。『それでだれが救われた?』

パラノイアを切り裂く稲妻のような問いかけ。ピンチョンの小説には、こういう文句が必ず潜んでいる。この小説のすべてを体現するかのような言葉は、まるでそれが人生のすべてであるかのように、語られる。

ぼくはそんな言葉に出会うために、ピンチョンを読んでいると言っても過言ではない、のかもしれない。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。