--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.10.19

死してなお踊れ 一遍上人伝 栗原 康/河出書房新社

死してなお踊れ: 一遍上人伝
栗原 康
河出書房新社
売り上げランキング: 34,228

本書は、アナキズム研究家・栗原康が一遍上人をその身に憑依させ、踊り唱える、アジテーション本である。『はたらかないで、たらふく食べたい』といい、『村に火をつけ、白痴になれ』といい、相変わらずタイトルセンスに目を見張るものがある。こうしたタイトルの勢いは、そう真似できるものじゃない。『はたらかないで、たらふく食べたい』という文言を書店で見かけたときなど、おもわず両手で飛びついたものだ。

さて、一遍上人である。一遍は鎌倉時代に活躍した僧侶で、時宗の開祖とされる。が、ここに、宗派の始祖と呼ばれる人物として、ふつう思い浮かべるような男の姿はない。ここには、ただひたすらに踊り唱える、ひとりの男があるだけである。

念仏をとなえる者は、知恵も愚痴もすて、善悪の境界もすて、貴賎高下の区別もすて、地獄をおそれるこころもすて、極楽往生をねがうこころもすて、諸宗派のいう悟りの境地もすて、いっさいのことをすててしまって、ただ念仏をとなえていればいい。

一遍の考えは、ここに集約される。これ以外にない、といってもいい。あとはただ、執着に追いつかれぬよう、踊り唱え続けるだけである。とてもシンプルで、だからこそ強く惹かれる。

ところで、一遍の生涯を追う本書だが、一歩間違えれば退屈な一冊になっていた可能性もあったんじゃないか、とも思う。どうしてかって言うと、結局一遍の言っていることは、いつ何時も同じだからである。その都度エピソードは変われど、言っていることは基本的に変わらない。捨て唱えよだ。

となれば、内容の反復はどうしたって避けられない。そして、繰り返しは単純に、飽きる。実のところ本書は、そのほとんどが繰り返しでできていると言っても過言ではなく、下手をすれば、途中で放り投げられていた可能性は大いにあったと思う。

しかし本書は、繰り返しを恐れなかった。そこが分かれ道。そこがすごい。堂々と繰り返す。繰り返しが半端でなかった。それが一遍の教えそのものでもあるからだが、結果的に、繰り返しが強みに変わった。栗原康の軽妙な語り口を武器に、繰り返しを増幅させ、踊り念仏にも似たねばりの渦を作り出し、その中に読者を引き込むことに成功したのである。

一遍と栗原康の相性が、思いのほか良かったのだろうか。このグルーブ感、話題になるのも頷ける。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。